カテゴリー: 医療脱毛に関する記事

医療脱毛機器 アレキサンドライト レーザー

脱毛サロンで脱毛
今や女のみに関わらず男性にも需要が増加している脱毛ですが、医療機構で用いられているアレキサンドライトレーザーについてご解説します。

アレキサンドレーザーの長所JMEC社から提供されたアレキサンドレーザーは、メラニン色素への照射にこだわりを持ち、レーザーから毛根への深いダメージを強化したというポイントを持ちます。

それ故、脱毛において減耗影響が高いという評価があります。

キメの細かい日本人のメラニンの量とも適応している特質から、脱毛影響以外にも、シミやあざの治療テクニックとして用いられる時もあります。

アレキサンドレーザーの時においては、ダイオードレーザーのように直接溶剤越しに照射する事もないのですので、衛生面からも他の部位に使用された機器を用いるという事がなく、心配無用して施術を受ける事ができるになります。

「アレキサンドレーザー」のデメリットアレキサンドレーザーを用いた施術は、ダイオードレーザーの様に溶剤を直接肌に塗布する不可欠もなく、数センチの空中照射が行われます。

照射スピードが速い事がポイントですが、溶剤の代わりに冷却ガスをふきつけて直ぐに苦しみの感覚を鈍らせる事になります。

これを良いところと思い描くか短所と一考するかは患者側の意志によります。

以上、日本の医療組織で用いられている三大脱毛機器のうちの1つ「アレキサンドレーザー」の長所、悪い面を手間なくにご解説しました。